公益財団法人修徳会




事業活動の歩み



 修徳会は、長年の業績から公益の増進に著しく寄与する法人であることを
認められ、奈良県教育委員会より特定公益増進法人としての認定を1993
年3月に受け、2012年3月31日迄の間、その認定の更新を重ねて事業
活動をしていましたが、2012年4月1日、奈良県知事より公益の認定を
受けて移行したことで公益財団法人として設立し、名称を公益財団法人修徳
会と変更して事業活動を行うことになりました。




≪奨学金給付事業≫

   1974(昭和49)年11月26日の第1回目の奨学生選考会で、14
  名の高校奨学生を選出、以来、毎年公募による新学年の高校生の中から奨学
  生を5名(原則)選出し、採用しています。2017(平成29)年度は、
  14名に奨学金を支給し、卒業生の総数は、226名となりました。
   2007(平成19)年度より大学院奨学金(対象は、修徳会高等学校奨
  学生であった者に限る)を開始。本年度は、1名の大学院奨学生に給付して
  います。大学院奨学生の卒業生の総数は、5名となりました。



≪学術研究に対する助成事業≫
 1972年より
  (昭和47年)
 橿原考古学研究所へ学術研究費として寄付を開始。1981(
 昭和56)年まで9回の寄付を行う。
 1972年より
  (昭和47年)
 京都大学医学部結核胸部研究所胸部外科部門へ学術助成金とし
 て寄付を開始。1983(昭和58)年まで12回の寄付を行
 う。
 1984年より
  (昭和59年)
 国立療養所兵庫中央病院へ、主に肺癌の予防に関する研究(イ
 ンターフェロンの免疫動態検討)に対し、1987(昭和62
 )年まで4回の寄付を行う。
 1988年より
  (昭和63年)
 生体防御力に関する研究を行っている財団法人京都パストゥー
 ル研究所へ学術研究助成金として1996(平成8)年まで9
 回の寄付を行う。
 1994年より
  (平成6年)
 橿原考古学研究所へ学術研究のための書籍の寄贈を開始する。
 現在継続中。


≪文化事業≫

    修徳会では、奨学金事業の対象である高校生を主とする若い人達に、優
   れた芸術や文化、人物との出会いが心の糧となって、自分自身の生き方を
   考えることができるような機会を提供することを目的として、文化事業を
   開催しています。

  ♪ 修徳会創設30周年記念事業として、2001年2月9日、中村紘子さ
    んを迎えて、ピアノリサイタルを奈良県文化会館国際ホールにて開催

  ♪ 2004年3月19日、梯剛之さんを迎えて、ピアノリサイタルを奈良
    県文化会館国際ホールにて開催

   2006年8月24日、佐渡裕指揮シエナ・ウインド・オーケストラ演
    奏会を奈良県文化会館国際ホールにて開催

   2009年3月18日、シエナ・ウインド・オーケストラ24&オリタ
    ノボッタコンサートを奈良県文化会館国際ホールにて開催

   創設40周年記念事業として、2011年3月14日、『これからを生
    きる君達へ』〜みんなちがってみんないい〜を演題とする乙武洋匡さん
    の講演会を修徳ビルにて開催

   創設40周年記念事業として、2012年3月30日、小型探査機“は
    やぶさへの思いを”『これからを生きる君達へ』を演題とするJAXA
    川口淳一郎教授の講演会を奈良県新公会堂能楽ホールにて開催

   創設40周年記念事業として、2013年3月25日、『これからを生
    きる君達へ』を演題とする養老孟司東京大学名誉教授の講演会を修徳ビ
    ルにて開催

   奨学金事業の一環として、2014年3月22日、『これからを生きる
    君達へ』を演題とする武術研究者甲野善紀さんの実演を交えた講演会を
    修徳ビルにて開催

   奨学金事業の一環として、2016年3月22日、『これからを生きる
    君達へ』を演題とする池上彰さんの講演会を奈良弁護士会館大会議室に
    て開催



公益財団法人修徳会  修徳会の

事業報告  奨学生の募集について

乙武洋匡さんの講演会を終えて

JAXA川口淳一郎教授の講演会を終えて

養老孟司東大名誉教授の講演会を終えて

武術研究者 甲野善紀氏の講演会を終えて

池上 彰さんの講演会を終えて