公益財団法人修徳会



養老孟司東大名誉教授の講演会を終えて


  公益財団法人修徳会創設40周年記念事業のひとつとして、下記のとおり養老孟司
 東京大学名誉教授の講演会を高校生を対象に開催いたしました。


    日 時  2013年3月25日 午後2時から午後4時10分まで

    場 所  奈良市登大路町5番地 修徳ビル地下スペース

    演 題  「これからを生きる君達へ」

≪参加された皆さんが、講演後、アンケートに書いて下さった感想です≫


学年
今日の講演会で、あなたが感じたことは・・・
 貴重なお話を聞くことができ、とても勉強になりました。著作を読ん
 でもよく分からなかったことが理解できました。本当にありがとうご
 ざいました。
1
 なかなかない機会であり、とてもよかったと感じています。話を聞く
 中で、人間の意識というものは意外に自分では気付いていない、とい
 うことがよく分かりました。つまりは、人間社会のストレスがどうい
 った場合に起きるのかを、より大きな観点から見ることができ、固定
 観念を取り除くことができた。という意味において、自分の人生に大
 きな意味をもつものになったのではないかと思います。(実際どう役
 立つかは分かりませんし、これからも分からないとは思いますが)だ
 から、このような講演は続けてほしいです。
1
 大変得るものが多く、ジャムのジャムを頂いたようです。
 高校生活1年間の中で特に現代文の教科において論じられていた「自
 己」、「自分」、「意識」、「身体」についてのことをそのつづきを
 学べたと思います。これらは答えを持たないのだと今回の講義を聞い
 た結果納得しました。これでいいと信じます。しかし、信じているの
 はあくまで私の思う「意識」によるもので、「身体」を置き去りにし
 ていることは必ずしも否定できないのでしょう。・・・ということを
 学びました。忘れつつあった昆虫採集に久々に行ってみたくなりまし
 た。いや、行ってみようと思います。
1
 考えるとどんどんむずかしくなる問題もわかりやすくおしえていただ
 いた。今回の講演をきいて理解したことをこれからの人生に生かした
 い。
1
 大きなテーマだったこともあり、なかなか理解が追いつきませんでし
 た。しかし、物事を違った視点、違った視点からとどんどんお話を聞
 くことができ、とても濃い講演会でした。
1
 質問しそびれてしまったんですが、寝ている時にみる夢とは、意識し
 ていることなのかどうか疑問に思いました。難しい話題でしたが、す
 ごく、身近なことで、とてもよく考えさせられました。この機会をも
 ててよかったです。
1
 色々あるのですが、人って不思議な存在だと感じました。
1
 高校生の自分にとってとても身になるお話をきけてよかったです。自
 分たちのこれからの社会の課題が明確にわかった。若者の特徴を知っ
 たうえでなおさなければならないことがわかった。自分はいくつにも
 わかれていることがわかった。
1
 何冊か養老先生の書かれた本を読んだこともあり、とても楽しみにし
 ていました。これからの自分にためになるようなことをお聞きするこ
 とができ、とても良い時間を過ごせました。
1
 先生の楽観的だけれど極端でおもしろい話をきいて今まで勉強をする
 ことにいっぱいいっぱいであったのがとても楽になりました。勉強す
 る意味や自分の進路について悩むよりも自分の感覚や好みを信じて好
 きな道を歩んでいけるように努力しようと思います。
1
 普段お聞きできないお話を聞けてよかったです。自分自身が悩むこと
 が多くその悩むことに悩むこともあったので、今日のお話をきいて少
 し気分が楽になりました。また機会があればお話をききたいと思いま
 した。
1
 話の内容は、とても難しいけれど貴重なものでした。
1
 環境と自分は違うというところが一番理想的な考え方だなと思いまし
 た。
1
 意識することを忘れると世界が変わる
1
 人間社会がもっと難しくみれるようになりました。
1
 自分で生きていくという考えではだめだと思った。
1
 いろいろなお話を聞かせてもらい、おもしろかったです。考えさせら
 れることもあり、いろいろ興味深かった。貴重な体験をさせてもらい
 本当にありがたいです。なにか今後に生かせたらいいと思いました。
1
 今回、初めてこのような講演会に参加しましたが、普段は聞けないよ
 うな貴重な話を聞くことができ、とても良い経験になりました。
1
 脳の話がとても興味深かった。右の脳と左の脳が別のことを考えてい
 るなんておもわなくて、もっと知ってみたいと思った。
1
 右の脳と左の脳で別のことを考えているというお話をきいてびっくり
 しました。
1
 今自分が生きていて知らないことがたくさんあったし、本当にこの講
 演会に参加してよかったです。高校生になって悩むことが増えたけど、
 “悩むことも才能だ”という言葉をポジティブにとらえてがんばって
 いきたいと思います。
2
 ふだん意識していないことを考える機会になった。自分を肯定してい
 たつもりはないが、養老先生の話をきくと、自分がどれだけ自分をえ
 こひいきしていたかを実感した。たくさんの問題提起をして頂き、考
 えることがふえて良かったな、とおもいます。
2
 思っていたより声の低い方だと感じた。「意識」の話からがとても面
 白かった。貴重な機会をありがとうございました。
2
 脳みそをカチ割って風呂桶に浮かべてみるような話を沢山聞くことが
 できた。明日どこかの交差点でひき逃げされちゃうかもしれない。人
 生遠回りも悪くないなぁと思った。
2
 講演をきいていて、これから受験生になるが勉強するのを止めて、1
 年間遊びほうけて、高校生活を満きつしてみたくなった。
2
 今後、自分が生きていくうえで、考えさせられる講演会をしていただ
 いて大変よかった。一度養老先生の本を読んでみようと思う。
2
 ありがとうございました。高校生の私たちにわかりやすいようにたく
 さんのお話をしていただいてつかみやすいテーマから、次々と深く勉
 強できたことに本当に感謝します。もう1度、自分というものを見つ
 め直し、色々なことに深く探究してみたいと思いました。帰って親に、
 たくさん今日学んだことを話したいです。母もお話聞きたいと言って
 ました・・・。ありがとうございました。
2
 いろいろなヒントを戴けたと思います。また、これまで感じていた世
 界が新たな形を持って見えてきました。今まで自分になかった「見方、
 視点」を教えていただけたと思います。貴重な時間をありがとうござ
 いました。
2
 新しい物の見方が得られて良かったと思う。今後様々なことを考える
 きっかけとなればよいと思う。
2
 脳科学の研究において第一線で活躍されておられる養老先生のお話を
 真近で伺うことができ本当に貴重な体験となりました。また、このよ
 うな機会があれば是非参加させて頂きたいです。本日は、本当に有難
 うございました。 
2
 とても近くてきくことができてありがたかったです。
3
 非常に独特なお話で面白かったです。人というのは何なのか?という
 のを自身に問い直せました。
3
 今後の人生にすごくためになったと思いました。また機会があれば話
 をききたいです。
3
 すごく良い経験になりました。
3
 戦争の話や子供の話、意識の話など話題が移ろうように見えつつも根
 底にあるテーマは“自分は変わる”ということ、そのことをこれから
 も肝に命じていこうと感じた。 
3
 自分とは何かとかたまに考えますが、答はでません。今日の講演を
 きかせていただいてもでなかったです。しかし、表面的に感じていた
 ことを裏側にまで踏み入れてお話しして下さったように感じました。
3
 人生のみかたがかわりそうです。今まで、深く考えて、迷宮入りした
 こともちっぽけにかんじたし、大きくもかんじました。
3
 意識や身体、右脳や左脳、人は色々なものに縛られているんだな・・
 ・と思いました。それを日ごろ意識していない自分は、幸せかもしれ
 ないし、不幸せかもしれない、などを考えると同時に、「自分とは」
 と考えることはできないということも聞くと、「考えること」の難し
 さを感じました。
3
 普段の生活では考えないようなことだがすごく大切なことなんだなと
 思った。
3
 大人の方の意見を聞くことで、自分の中だけでは考えられないような
 物のとらえ方をすることができ、とても貴重な体験をすることができ
 たと感じています。
3
 自分というものについてもっと自由に考えてみようと思いました。か
 たく考えずゆっくり見つけていこうと思います。
3
 私たちは便利な世の中に生まれ、昔のことをあまり知らなかったけれ
 ど、どう変わってきたのか、昔はどのようなことがあったのかを考え
 ることができました。とても良いものが得られ、良かったと思います。
22才
 今日22歳の私がこの場でこのお話を聞いて感じたことと、この場に招
 待された高校生の皆さんと同じ年齢の頃に聞いたのとでは、まったく
 感じ方が違っていたと思います。人間は変わるものである、というこ
 とは、本当にその通りだと思います。2時間ほどの時間で、本当に様
 々なことをお聞きし、考えることができとても濃い有意義な時間でし
 た。この場でお話を聞くことができたことをとても嬉しく思いますし、
 今日のこの時間がこれからの自分に必ずつながっていくと思いました。
 本当に、ありがとうございました。
24才
 ご講演ありがとうございました。自分は医学部の5年生で、これから
 将来の進む路について悩むことや、これまでの自分について悩むこと
 も多くなると思いますし、後悔することもあるかと思いますが、その
 ような時にこそ先生のお言葉を思い出し、変化する自分を受け入れて
 生きていこうと思います。
24才
 意識が身体を抑制し、今の自分を決めている。という言葉が心に残り
 ました。思い込みを改め、自分の人生の選択を一から考え直してみよ
 うと思います。本日はありがとうございました。





公益財団法人修徳会  修徳会の  事業活動の歩み  

事業報告  奨学生の募集について

乙武洋匡さんの講演会を終えて

JAXA川口淳一郎教授の講演会を終えて

武術研究者 甲野善紀氏の講演会を終えて

池上 彰さんの講演会を終えて